« 暇な時間 | トップページ | おまる »

2006年8月24日 (木)

BAGAMOYO

今日はコンテナの積み下ろしを見に行くと思っていたが、どうやらそれは業者に任せておけばいいらしく、その代わり、BAGAMOYOという所に行った。ダルエスサラーム近郊の観光地だ。70kmぐらい北に行ったところで、車で約1時間半かかった。

Photo_3 “BAGA”というのは、“希望をなくすこと”、“MOYO”はもよPのMOYOで、“心”という意味、つまり、“心に希望をなくす場所”という意味らしい。なぜこんな名前がつけられているかというと、ここは、奴隷貿易の港だったからだ。パパが前から一度連れて行きたいと言っていた場所だ。

とてもきれいなビーチと静かなホテルがある一見素晴らしいリゾートと言った感じだけれど、あちこちに古い建物や遺跡が残っている。それは、複雑な歴史をもつこの地区ならではの風景だったMoyo_377

私たちは、現地のガイドに頼んで説明をしてもらいながら車でいくつかの歴史的な建物を見た。

初めは、あるアラブの個人の家として建てられたのだが、のちに、奴隷を船に積むまでの間置いておいた場所、ドイツの占領下では警察署だった場所で、今では歴史的建造物として、観光に使われている建物だ。最初に建てられた当時、そのアラブ人は相当金持ちだったらしい。というのも、ドアの表面には出っ張りがあって、普通は3段だけど、このドアには4段ついているのがそれを表しているということだ。また、そのドアに書かれている絵がいろんな意味を持っていて、一番下には食に困らないように魚の絵がかかれているそうだ。あとは・・・忘れた。

その後、1888年から1889年に起こった内戦でのドイツ兵のお墓や、ドイツ占領時代に建てられた建物などを見た。面白いのが、ドイツ人が建てたがすべてインド人の金銭的支援があったことだ。その頃はインドも英国の占領下だったはずだから、そこから逃れてきた豪商か何かかな?

Photo_4 それから、奴隷は他の商品と同じように扱われたから、アラブ人で奴隷のオーナーの家というのも形はだいぶ崩れているが、残っていた。この写真で広くなっている所が、奴隷が一時輸出までの間保管されていた場所。

どうやら、話を聞いてみるに、今まで歴史で学んだのは、西アフリカからアメリカに輸出された奴隷の話で、東アフリカでは、今はタンザニアの一部でもある、ザンジバル島や、ペンバ島へ奴隷の半数が送られたらしい。私はザンジバル島 にはまだ行ったことはないが、ダルエスサラームから船に乗っていける。聞くところによると、ここら辺はアラブ人が多く、とてもきれいな観光地らしい。タンザニア本土と少し趣が違っているそうだ。その当時もアラブ人が奴隷を使っていたから、今もこうして裕福な島なのだと思う。そのほか、アラブ諸国やフランス、モーリシャス島などへ送られたらしい。

結局、アフリカの奴隷を使って、言い方を変えれば、アフリカ人を踏み台にして、今のヨーロッパ、アラブ諸国、アメリカの繁栄があると言ってもいい。このことを、アフリカ人はもちろん、少なくとも観光で訪れた私は忘れてはいけないのだと思った。そしてもっと多くの人がここを訪れて、当時の様子に思いをはせてみればいい。自由も何もあったものではない。人権を踏みにじられ、すべての希望を失った人たちがどれほどいたことか・・・涙の歴史だ。

Photo_6でも、その奴隷貿易に反対の声を上げたのがクリスチャンの伝道者たちだと言うから、どおりでクリスチャンも多いはずだ。どれだけ心救われたか知れない。この地には東アフリカで最初に教会が建てられ“Mother of east Africa“と呼ばれているという。奴隷は遠く、タンザニアの内陸にある、タンガニーカ湖近くから連れてこられたという話だから、タンザニア人の先祖の多くが悲しい思いを強いられたに違いない。それからまだ150年も経ってないことを思えば、人々の心にはどういう思いがあるのか・・・でも、クリスチャンの素晴らしいところは、“ゆるし”を教えているところ。悲しい思いはしたけれど、こんなにも明るくのびのびと生きている背景には宗教的なものも大きいのかもしれない。

日本と韓国、または中国やそのほかのアジア諸国との関係について考えざるを得ない。日本の繁栄の裏には何があったのか、それを知らなくてはいけないし、忘れてはいけない、と思った。戦後60年、まだまだいろいろな思いが残っているはずだ。

|

« 暇な時間 | トップページ | おまる »

コメント

MOYO という名前にはそんな意味があったんですね。すてき。
外国に住んでみないと、日本がいかに平和な国でそれがどんなに幸せなことなのかなかなか分からないと思います。現代の若者には、海外に出て変に知ったかぶりの外国かぶれになるのではなく、世界の中の日本の立場、そして諸国との関係を正しく理解してほしいと思います。

投稿: ニャーママ | 2006年8月26日 (土) 16時29分

私達は表面的な歴史しか習うことは出来なかったし、たぶんsaki達の世代も同じようなことしか習わないよね、きっと。でもこうやってこのブログを通じて、そしてできれば直接話を聞いて、sakiにもいずれ知っておいて欲しいと思った。パパが見せたいと思う気持ちすごくよくわかるよ。moyoは日本での生活も記憶に残ってないかもしれないけど経験し、そして全然違う世界での暮らしが始まった。そういう意味でもすごくいい環境で生まれたね!
あと全然話変わるけど、maoに会って写真渡したよ。はいはいしてた♪11キロの立派な体格だったよ☆

投稿: naomon | 2006年8月29日 (火) 15時51分

TO:ニャーママ
いや~、ほんと、勉強になります。いいとこも嫌なところもあるけど、これは絶対プラスになる経験ですね。
日本では、日本から見た、しかも官僚たちの考えた教科書どおりにしか教えないですからね。もっと世界が見えてきたら、日本も良く見えてくると思います。

投稿: lucky mama | 2006年8月29日 (火) 17時43分

TO:naomon
ティシさんに出会ってから、だいぶ違う世界の一面を知って、びっくりしたけど、やっぱり実際に教えられていることはほんの一部だったり、日本の大人に都合のいいようにつくられている教科書にそって勉強するだけだと思ったよ。
ちょうど、養老たけしの"薬にも毒にもなる話”という本を読んでいて、裏話とかあって面白いよ。
maoハイハイ始まったか~!!見てみたい!Hirameは元気?

投稿: lucky mama | 2006年8月29日 (火) 17時50分

おっ!ここでブログみている間にlucky mamaのコメントが増えていく。ネットの向こうで更新してるのね~。

ところでマラウィへはいつ移動なの?

投稿: auntieyoko | 2006年8月29日 (火) 17時53分

TO:auntie yoko
タイムリーだねぇ!繋がってるねぇ!
今日はちょっと遅くなっちゃって、今6時なんだけど、夕飯はお任せだから、みんなでインターネットカフェに来てるんだ。
マラウイは多分来週初めに移動かな・・・

投稿: lucky mama | 2006年8月29日 (火) 18時17分

1e0e74r-0ivwegu-tw8qqb3f-0 http://www.lexapro-drugs.com#1
free ring tones
[url=http://www.mortgage-payday-loans.com#3]mortgage calculator[/url]
[url]http://www.lexapro-drugs.com#4[/url]

投稿: mortgages after bankruptcy | 2007年3月11日 (日) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126827/3213402

この記事へのトラックバック一覧です: BAGAMOYO:

» Cheap tramadol shipped by c.o.d. [Cheap tramadol.]
Buy super cheap phentermine and tramadol. Cheap tramadol. Tramadol hci online buy cheap tramadol hci online. Cheap tramadol cheap tramadol cheap tramadol. Tramadol cheap no rx. [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 19時09分

» Adderall without a prescription. [Adderall prescription.]
Adderall without prescription. Adderall prescription. Adderall no prescription. [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 15時42分

« 暇な時間 | トップページ | おまる »